2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« オーマイゴット | トップページ | みちびきさん »

2010年9月 8日

半分の月がのぼる空2

秋がそろそろ近づいてきたからでしょうか。
ようやく読書にやる気もおきてきました。

前に記事を書いてから2カ月たっちまいました。
今回読んだ本は、

橋本紡「半分の月がのぼる空2

文庫の方。

 とんでもないことが起きた。恐ろしいことが起きた。戒崎コレクションが里香に見つかってしまったのだ!
 僕と里香の蜜月はあっさり壊れた。そりゃもう、見事なもんだった。里香は怒り狂い、弁解を聞くどころか、僕の顔を見ると逃げ出す始末だ。仲直りのためのの努力は、裏目に出るばかり・・・・・・。
 ちょうどそのころ、病院に新しい医者がやってきた。夏目というその医者はとんでもない二枚目で、しかも里香の主治医だというのだ――。
 橋本紡&山本ケイジが贈る期待の新シリーズ第二弾!! 裕一と里香に巻き起こる、疾風怒濤の波乱!

本文7割近くは裕一は里香に口をきいてもらえないまま進む。
やっと仲直りしたその手には宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」
映画よりも色濃く、死を身近に感じている里香の心情が伝わる。

≪心配ないよ、ジョバンニ≫

に胸が痛くなる。

まぁ、でも、ラノベだな。
って全体的には感じる。
それが良い悪いって話ではないですよ。

半分の月がのぼる空(2) 半分の月がのぼる空(2)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

« オーマイゴット | トップページ | みちびきさん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オーマイゴット | トップページ | みちびきさん »